日記

大学に行くとものすごく疲れて帰ってきて何をする気力も残らない

特にきついのは実験で、手探り状態なのがつらい

教授はそりゃ機器の原理から理解していて測定のコツも分かってるから素早く操作できるんだろうが、初めてやるこちらとしては実際に手を動かしてみるまで何が分からないのかもわからない状態で、とても疲れる

 

しかし学生実験と違って自分で納得するまで時間をかけられるのはいいことだと思う

 

なんだかんだ言ってても実験に慣れてきた感触がある 慣れれば自分の時間がもっと取れるだろう 演習詳解の解読に充てられる時間もとれるし資格の勉強もできる

 

 

力学本

自分のページで一人で読書記録つけていく予定の力学本の構成について

問題同士に関連がある たとえば1章で出てきた手法が後の章の問題を解くのに必要になってくる 最後の二章なんかはそれまでの手法を総動員させるような内容

 

100年前の物理の本を図書館で読んだとき、その序文に目を引かれたことがあって、一部を抜粋すると「前章の事実は後章論ずるところに根拠を与え、後節の理論は前節の事項を統一し、興味次第に加わるに至ること必然なり」というものなんだが、この力学本もそんな感じの構成になってる

 

大学の先生にこの本を見せて意見を請うたところ、「この著者は解析力学が分かってるからこういう回答が書けるんじゃないのかな」ということだった 多分それもあるし力学の素養があふれてるから解ける(分かるから解ける)というのもある気がする だってこの本の問題を自力で解こうとすると、その過程がもう研究になってしまうくらいの問題が勢ぞろいしてる印象だし

 

余裕がある人向けの本なんだろうな…

 

あと、古典力学の問題を解くセンスというのは幾何学の問題を解くセンスに似てるところがあるという意見が他の人のブログに書かれてた これも的を射てるとおもう

 

たとえばある積分を実行しようとするときに適切な変数変換を自分で試行錯誤してさがすことは幾何学で言えば補助線を見つける作業に似通っている とても根気が必要な作業だ

 

この本を解くことは、将棋で言えば将棋無双(江戸時代に作られた超絶難しい詰将棋)を解くようなものなんだと思う どれだけ思い入れがあるかが最後まで解ききれるかどうかの分水嶺というか

 

まあぼくは解くのではなくて解答を解読し、自分がかみ砕いた内容を他の人と共有するのが目的だから難易度は将棋無双を解くことに比すべきものではない

 

ちなみに将棋無双はプロでも解ききるのに数年かかるレベルだそうだ 恐ろしい…

 

以上の内容は物理の素人としての感想?なのだが物理学科にいる人にはこの本は簡単なんだろうか もしこの本をすらすら解ける人がいて、目の前で解いてるところを見ることができたら感激する

 

 

 

 

 

 

日記

住んでるアパートの自転車置き場、いつも僕がおいてる場所に自転車置いとくと勝手に動かされてる 気味が悪い

 

誰が動かしたかわかってんだぞ ○○号室のひと!

 

ああ引っ越したい…

時はこぼれてゆく

やりたいことに使える時間がとても少ない 

授業に出るだけでへとへとになってしまう

 

大学でこれなら就職したら勉強なんかできる気がしない こわい

 

なんとか時間と体力のやりくりをつけないと…

 

大学に入ってからハラスメント受けたせいで時間が削られてしまったことが腹立たしい

もうこの大学が嫌だ 今住んでるところも嫌だ あーあ

気力の浪費を避ける(メモ)

何かをしたい 何かをやろう とかそういう意思を文字にしてしまうだけで気力が消費されてしまうことが自分の場合多いなと最近分かった

 

なにかを「した」ならそう書けばいいのであって、何かをしようと思ってるなんて書いたって気力の無駄遣いにしかならない 言わないようにする。

今の状況

院試やらなんやらでブログを書く余裕がないまま放置してました

大学もすでに4年次が終わりかけとなってしまい、いいかげんHPに記事を書き始めようという気持ちがようやく湧いてきました

以前ブログを書いてからいろんなことがありました その頃のことも思い出して書こうと思います 

 

とにかく力学の本は最後までやろうと決めているのでHPに勉強記録を残すことでモチベーションを保ちたい 本当は輪読ができればいいのですが…

 

11月に入って、研究のきつさが徐々にわかってきました 大学と自分の勉強が両立しない現状にいら立ちが募ってます しかし泣き言ばかり言ってても後悔するだけだということは、大学に入ってから嫌になるほど分かったことです

 

時間を見つけて週に一度は記事をあげていきたい そして記事をあげる為に力学の本を少しずつ解読していってるというのが現状です

毎日

何かしようとするたびに嫌なこと、いやな想像が頭のなかでハシャギまくって動作がストップしてしまう症状が小学五年の時からあって、これは誰にも言っていない。

 

毎日嫌なことだけが蓄積されていい思い出が全くできないので、時々刻々荷物が重くなっていく感じで大変つらい。それでも町は廻っているって漫画が好きなんだけど、その漫画で「ひとはいい思い出を積み重ねることでいい体験に出会うことができる」って趣旨の言葉が出てきた。とすれば僕はこれから不愉快なことしか味わえないんじゃないかってがっくりする。

 

こういうユーウツな気分を抱えて生きている人は僕のほかにもきっとたくさんいて、しかしその人たちの存在は何の励ましにもならず、こうしてブログでユーウツな気分を吐きだしている人も数多居るのだろうけど、その事実が気持ち悪くて仕方ない。自分がその人たちと同じことをしてるってことも嫌で仕方ない。

 

じゃあブログなんて書かなけりゃいいのだが、鬱屈した思い出、感情をもう自分の中にため込んでおく気力が失われて久しい。限界だと思ったからこうしてブログで吐きだしている。誰も読みもしないであろうブログで吐きだしている。